おすすめの宿



ポーチマーク ペンションポーチ
〒088-1531
北海道厚岸郡浜中町仲の浜122番地

【TEL 0153-62-2772】
【FAX 0153-62-2574】

ペンションオーナー:瓜田勝也
【Mail Address:porch@cocoa.ocn.ne.jp


  • 施設

    • ツイン 4室,和室10畳 1室・・・定員12名(全室禁煙、喫煙コーナーあり)
      駐車場あり(約20台)

  • チェックイン及びチェックアウト

    • 【チェックイン】PM3:00〜PM5:30まで
      【チェックアウト】AM9:30

  • 宿泊料金

    • 一人一泊二食・・・¥8,000
      (1999年5月現在で、確認済みですが、予約時に確認をしてください)

  • アプローチ

    • 最寄り駅・・・茶内駅、浜中駅(両駅共にJR根室本線)
      浜中駅からは、霧多布行きのバスがある。(但し、1日に8本ほど)
      前日までに到着時間を連絡すればバス停まで迎えあり
      他に、釧路駅から霧多布行き(所要2時間20分)が1日に2本ある。

  • オプショナルツアー

    1. ケンボッキ島探検ツアー(6月〜10月,9:30〜12:30)
      • 昼食付き・大人¥3,500/子供¥1,500
    2. カナディアンカヌーツアー(6月〜10月,13:30〜15:30)
      • 連泊者のみ対象・大人¥3,000/子供¥1,500
    3. 歩くスキーツアー(12月〜3月,10:00〜13:00)
      • 昼食付き・大人¥1,000/子供¥500

  • レンタルMTB(マウンテンバイク)

    • 半日(2時間まで)¥1,000
      全日(2時間以上)¥1,500(昼食付き)
建物外観
【ワタスゲの咲くころ】
客室
【湿原を見渡せる客室】
林道
【林道をMTBで行く】


探検ツアー “おすすめポイント”

このペンションの特徴は、夕食後にオーナーの瓜田さんによるスライドでの
霧多布の動植物や風景紹介があること。これは必見です!
そのあとの団欒は、宿泊者に混じって地元の様々な人もいっしょになって
いつしか時を忘れる。(楽しすぎての深酒に注意・・・)

また、大自然を満喫する企画の宿泊者対象ツアーがあることも特徴だ。
ケンボッキ島探検ツアー」は、漁船で無人島に渡り、瓜田さんのガイドで
自然観察ができる。この無人島は、かつて、ムツゴロウこと畑正憲さんが
住んでいたところで、スズランなどの野生の花々や海鳥のコロニーなども
見られる。写真は、そのコロニーを見下ろす南端の岸壁前での昼食風景。
(海鳥のフンをかけられないように注意・・・)
カナディアンカヌーツアー」は、霧多布湿原の中を流れる琵琶瀬川を下る。
川の流れもゆったりとしているので、初心者でも安心して乗れる。
風を感じ、大自然を感じ、時の流れを忘れる。
運が良ければタンチョウがヒナを連れているところが見られるかも。
(くれぐれもタンチョウを脅かさないように注意・・・)
マウンテンバイクで湿原を一周することもできる。いろいろコースはあるが、
おすすめは一周約24Kmの林道を通って琵琶瀬展望台を回るコース。
(林道では、熊に注意・・・!?)

とにかく、時間をゆったりとって、のんびりと探索することをおすすめします。
天気の様子を見てツアーに参加するもよし、宿のすぐ脇が湿原なので
散歩するもよし。おすすめは、ポロト沼のタンチョウ奥琵琶瀬野鳥公園の
クシロハナシノブ

むつごろう王国近くのポロト沼で、冬以外はタンチョウのつがいが見られる
ことが多い。ここ数年、ヒナを連れている姿がなかなか見られない。
今年はどうだろう?。
野鳥公園は、霧多布湿原ファンクラブが民有地を借り上げ木道を整備した所。
6月末頃、可憐なクシロハナシノブが咲いている。(決して持ち帰らないように!)
ここでも運が良ければ、湿原側にタンチョウを見ることができる。
クシロハナシノブの咲く頃は、ちょうどヒナを連れているかも。
湿原を見下ろす高台にある霧多布湿原センターも、おすすめポイント。
湿原に関するいろいろな情報が得られる。
(それぞれの詳しい場所は、瓜田さんに聞いてください)

★霧多布湿原ファンクラブ
1986年に発足した湿原が大好きという仲間の集まり。
湿原の魅力をいつまでも残すための活動をしている。会員は全国に。
瓜田さんは、このクラブの事務局長をしている。

【漁船でケンボッキ島に渡る】
探検ツアー
【ケンボッキ島探検ツアーの昼食】
カヌー
【霧多布湿原の中をカヌーで下る】

霧多布湿原センター 霧多布湿原センターへリンクしています。



右の写真は、オーナーの瓜田さん家族です。
家族同様のラブラドルリトリバーも2匹います。

奥さんのおいしい手料理をいつもごちそうさま!

また、お世話になります!

オーナー家族



[INDEXページ] [タンチョウGallery T] [タンチョウGallery U] [今月の一枚] [北の仲間たち] [北の風景と花々]
[タンチョウ豆知識] [雑記帳] [リンクコーナー] [ぷろふぃーる] [愛機紹介]
[壁紙プレゼント] [年賀状ライブラリー] [カレンダー]
[伝言板]


Last Update 2006/03/24 Nakajima's Photo Gallery
Author:Hiroshi Nakajima
Copyright (C) 1996-2006 Hiroshi Nakajima, All rights reserved.